本文へジャンプ

ホーム > 診療科・各部門のご案内 > 看護部

診療科・各部門のご案内

ようこそ看護部へ

看護部長のあいさつ

当院は、平成27年10月より「水原郷病院」から「あがの市民病院」と名称変更をし、新病院としてスタートいたしました。私どもは、皆様から親しまれた水原郷病院の古き良き歴史を大切にして、新しく「あがの市民病院」として、患者家族の皆様のニーズに沿った看護や介護を、きめ細やかに提供していきたいと考えております。

当院は、公設民営の病院です。患者さんの入院から退院、そして在宅での暮らしに至るまで、地域と厚生連、そして病院とで、しっかりと協力体制を取り、包括的に患者・家族の皆さんを見守り支えていく事が、必要且つ大切なことだと認識しております。

今、看護部では、患者・家族の皆さんの生活スタイルに配慮したサポートを強化する必要性を考え、地域包括ケアシステムの充実に努めております。また、平成28年度より看護技術・看護サービスの強化のため、「ナーシングスキル」というe‐ラーニング方式を導入し、パソコンやスマートフォンで学べるPC環境を充実させて、質の高い看護・介護を提供できるような体制を作りました。

更に、糖尿病予防・治療を充実していくために、医師、看護師、薬剤師、検査技師、栄養士、理学療法士、事務スタッフなどの他職種協働のチームを立ち上げ、活動を開始しているところです。

私たちは、看護部の理念である
「その人らしさを大切にし、心のこもった看護・介護を行います。」を、心に抱きながら、皆さんとともに歩んでいきたいと思っております。

あがの市民病院 看護部長 辻 夏子

看護部の理念

その人らしさを大切にし、心のこもった看護・介護を行います。

看護部概要

1 看護部職員数 本院と在宅部門(福祉・連携センター)をあわせた総数としています。

保健師 3名、助産師 12名、看護師 121名、准看護師 11名、介護職員 46名
総数 193名(平成27年7月1日現在)

2 看護体制・勤務体制

看護方式 固定チームナーシング

〈勤務体制〉

*病棟
3交替 日勤8:30-17:00 准夜16:30-1:00 深夜0:30-9:00

一般病棟施設基準: 10:1
4階西病棟 内科 5階西病棟 地域包括ケア 4階東病棟 産婦人科・小児科
52床 3交替 52床 3交替 40床 3交替

2交替 日勤8:30-17:00 夜勤16:30-9:00

5階東病棟 外科・歯科・血管外科 3階西病棟 療養病棟(介護・医療) 介護老人保健施設 五頭の里
10:1 看護6:1 介護4:1 介護老人保健施設の配置基準
52床 3交替 54床 2交替 50床 2交替

*外来・救急外来
外来配置基準は、医療法による基準に準じています。救急外来は、当直・拘束体制

*手術室
遅番体制、平日・休日ともに自宅拘束体制

*透析(40床)
月・水・金は夜間透析を行っています。火・木・土は昼間の透析のみ。

*訪問看護ステーション
24時間体制(拘束)

*健康管理センター

*居宅介護支援事業所

〈看護部委員会〉
教育委員会
院内教育プログラム(新人・現任)の企画・運営・実施評価を行い、人材を育成する。
業務委員会
看護基準、看護手順の作成及び見直しと看護業務の改善に関する事項の検討を行い実践する。
看護部感染委員会
感染対策上の問題点を看護の視点で院内感染対策委員会に提案する。また、部内教育や定期的な点検等を行う。
看護記録委員会
看護記録に関する事項について、検討する。必要時、研修会等を企画、運営、評価を行う。
看護研究委員会
看護研究に対し、指導及び支援的活動を行う。
業務委員会
看護に関する業務の検討および改善を行う。

下記の関連の病院内会議、病院内委員会にも参加しています。

職場代表者会議、管理者会議、防災委員会、安全衛生委員会、病院安全管理委員会、院内感染対策委員会、医療安全管理対策委員会、褥瘡対策委員会、栄養管理委員会、医療機器安全委員会、がん化学療法委員会、救急委員会、手術室運営委員会、ボランティア委員会など

新人研修

新人看護師教育研修の紹介

25年度5名、26年度5名、27年度4名の新人が就職しました。新人研修の1年間のおもな研修内容を紹介します。

新人一人にひとりにプリセプターを配置し、1年を通して技術面・精神面をサポートしています。また、新人に必要な知識や技術の習得のため、入職時集合研修を充実させており、実地指導は教育委員をはじめチーム全員で支援しています。「看護技術チェックリスト」を使用し、振り返り集会などを行うことで新人同士の仲間意識が持てるようにしています。

平成24年度 新人看護師集合研修
4月 感染対策、安全対策の基本、与薬、採血・静脈注射、検査検体の取り扱い、導尿・カテーテル留置、吸入・酸素吸入、ベッドサイドモニター手順など 講義・演習
5月 輸血・麻薬取り扱い手順、輸液ポンプ・シリンジポンプ・逝去時の対応など 講義・演習
6月 救急蘇生法Ⅰ(意識レベル確認・気道確保・心マなど) 講義・演習
7月 3ヶ月を終えて振り返り集会 意見交換
8月 厚生連本部研修(長岡中央病院にて) 講義・GW
9月 6ヶ月を終えて振り返り集会(レポート) レポート発表
10月 救急蘇生法Ⅱ(挿管介助・aed) 講義・演習
11月 多重課題への対応 gw
12月 手術室見学研修 見学・実習
2月 振り返り集会(まとめ、次年度への課題) gw

新人看護師からメッセージ

泉 恵李奈

泉 恵李奈
(5階東病棟 平成26年入職)

患者様との関わりの中で自分の知識不足を実感し落ち込むことも多くありますが、そんな時は先輩方から親身にアドバイスや指導を受けています。また、スタッフ間の人間関係もよくワークライフバランスも大切にできる環境なので、安心して患者様のより良い生活のために頑張ることができています。

山口 明子

山口 明子
(5階西病棟 平成27年入職)

入職した頃に比べると出来るようになったことが増え、自信もついてきました。新人に関してのバックアップが充実しており、先輩方から指導をいただく中で自分に足りないところも見え、まだまだ学習すべきことがたくさんあると日々実感しています。

患者様、ご家族に信頼される看護師になれるよう知識と技術を身に着けていきたいです。

病棟のご案内


このページの先頭へ戻る