本文へジャンプ

ホーム > 診療科・各部門のご案内 > 看護部

診療科・各部門のご案内

ようこそ看護部へ

看護部長のあいさつ

看護部長 吉田 由美

私たちの病院は、阿賀野市の中核病院として地域住民の皆様に親しまれ、信頼される病院作りを目指しております。

看護部としては、病院の理念に基づき、その人らしさを大切に心のこもった看護・介護を提供していくことを理念とし、質の高い看護・介護を行うよう努めております。そして、職員ひとり一人が専門職として活き活きと誇りをもって働き続けられる職場づくりの取り組みとして、研修参加への支援、自己目標管理の支援、ワークライフバランスの推進を行っています。

また、地域包括ケアシステムにおいて高齢者のくらしを繋ぐかなめとしての役割を担えるように、行政及び地域の多職種と顔の見える連携を深め、地域に開かれる看護部として入退院支援・調整の充実にも取り組んでいます。
平成30年度も皆様のお力添えを頂きながら、地域の皆様に親しまれ信頼して頂ける看護部の運営に努めて行きたいと思っております。

また、当院は新潟医療福祉大学、国際メディカル専門学校、県立新発田病院附属看護専門学校、県立吉田病院附属看護専門学校、国際医療看護福祉大学校の臨地実習病院として、共に学び専門職として成長出来る喜びも感じられる病院でもあります。この病院で一緒に学び、専門職として成長していただける方を職員一同お待ちしています。インターンシップ希望者も大歓迎です。是非看護部長までお問い合わせください。

看護部長 吉田 由美

看護部の理念

その人らしさを大切にし、心のこもった看護・介護を行います

看護部ビジョン

地域に開かれ、信頼され、活き活きと誇りをもって看護・介護ができる職場づくり

平成30年度 あがの市民病院 看護部目標

  1. 専門職としての意識を高く持ち、多職種と連携し、個別性のある質の高い看護・介護を提供する。
  2. 働き続けられる職場作りをするためにWLBを推進する。
  3. 経営改善への積極的参画。

看護部概要

1 看護部職員数 本院と在宅部門(福祉・連携センター)をあわせた総数としています。

保健師 6名、助産師 12名、看護師 119名、准看護師 9名、介護職員 52名
総数 195名(平成30年6月1日現在)

2 看護体制・勤務体制

看護方式 固定チームナーシング

〈勤務体制〉

*病棟
3交替 日勤8:30-17:00 准夜16:30-1:00 深夜0:30-9:00

一般病棟施設基準: 10:1
4階西病棟 内科 5階西病棟 地域包括ケア 4階東病棟 産婦人科・小児科
52床 3交替 52床 3交替 40床 3交替

2交替 日勤8:30-17:00 夜勤16:30-9:00

5階東病棟 外科・歯科・血管外科 3階西病棟 療養病棟(介護・医療) 介護老人保健施設 五頭の里
10:1 看護6:1 介護4:1 介護老人保健施設の配置基準
52床 3交替 54床 2交替 50床 2交替

*外来・救急外来
外来配置基準は、医療法による基準に準じています。救急外来は、当直・拘束体制

*手術室
遅番体制、平日・休日ともに自宅拘束体制

*透析(40床)
月・水・金は夜間透析を行っています。火・木・土は昼間の透析のみ。

*訪問看護ステーション
24時間体制(拘束)

*健康管理センター

*居宅介護支援事業所

〈看護部委員会〉
教育委員会
院内教育プログラム(新人・現任)の企画・運営・実施評価を行い、人材を育成する。
業務委員会
看護基準、看護手順の作成及び見直しと看護業務の改善に関する事項の検討を行い実践する。
介護教育委員会
介護職員の教育研修の企画・運営・評価を行う。
看護記録委員会
看護記録に関する事項について、検討する。必要時、研修会等を企画、運営、評価を行う。
看護研究委員会
看護研究に対し、指導及び支援的活動を行う。
接遇向上委員会
接遇に関する事項について、検討・啓蒙、研修会の企画・運営・評価を行う。

下記の関連の病院内会議、病院内委員会にも参加しています。

職場代表者会議、管理者会議、防災委員会、安全衛生委員会、病院安全管理委員会、ICTリンクナース、院内感染対策委員会、医療安全管理対策委員会、褥瘡対策委員会、栄養管理委員会、医療機器安全委員会、がん化学療法委員会、救急委員会、手術室運営委員会、ボランティア委員会など

新人研修

新人看護師教育研修の紹介

25年度5名、26年度5名、27年度4名、28年度7名、29年度7名の新人が就職しました。新人研修の1年間のおもな研修内容を紹介します。

新人一人にひとりにプリセプターを配置し、1年を通して技術面・精神面をサポートしています。また、新人に必要な知識や技術の習得のため、入職時集合研修を充実させており、実地指導は教育委員をはじめチーム全員で支援しています。「看護技術チェックリスト」を使用し、振り返り集会などを行うことで新人同士の仲間意識が持てるようにしています。

平成24年度 新人看護師集合研修
4月 感染対策、安全対策の基本、与薬、採血・静脈注射、検査検体の取り扱い、導尿・カテーテル留置、吸入・酸素吸入、ベッドサイドモニター手順など 講義・演習
5月 輸血・麻薬取り扱い手順、輸液ポンプ・シリンジポンプ・逝去時の対応など 講義・演習
6月 救急蘇生法Ⅰ(意識レベル確認・気道確保・心マなど) 講義・演習
7月 3ヶ月を終えて振り返り集会 意見交換
8月 厚生連本部研修(長岡中央病院にて) 講義・GW
9月 6ヶ月を終えて振り返り集会(レポート) レポート発表
10月 救急蘇生法Ⅱ(挿管介助・aed) 講義・演習
11月 多重課題への対応 gw
12月 手術室見学研修 見学・実習
2月 振り返り集会(まとめ、次年度への課題) gw

新人看護師からメッセージ

安藤 昌平

安藤 昌平
(4階西病棟 平成29年入職)

私が所属している4階西病棟では、スタッフ全員が明るく、活気があり、とても雰囲気の良い病棟です。日々の勤務の中で辛い事や落ち込む事もありますが、先輩方が親身になって相談やアドバイスをしてくださり、乗り越えることができています。看護師としてまだまだ未熟ですが、患者様の心に寄り添った看護を提供できるよう、患者様との関わりを大切に日々精進していきたいです。

鈴木 杏奈

鈴木 杏奈
(4階西病棟 平成29年入職)

忙しい日々が続いていますが、スタッフ皆で協力し合い、看護部理念である「その人らしさを大切に心のこもった看護・介護を行う」を心がけ、日々看護を行っています。また、入職してから分からないことだらけで不安でいっぱいでしたが、先輩方から気にかけて下さり、ひとつひとつわかりやすくご指導いただきました。そのおかげで、少しずつですが成長することが出来ました。今後も、患者様に信頼せれ、また質の高い看護を提供出来るように技術を身につけていきたいです。

病棟のご案内


このページの先頭へ戻る