本文へジャンプ

ホーム > 学生実習記録

学生実習記録

平成29年度夏季実習 新潟大学医学部3年 長谷川里紗

 本日はお忙しい中、実習をさせていただきありがとうございました。
 今回の実習では、臨床検査部、薬剤部、リハビリ、訪問看護の順に見学させていただきました。臨床検査部では、医師にデータを渡す前に、検査技師の目でチェックをしていました。薬剤部では、薬剤師の方が、薬の副作用をチェックし、医師と相談して治療方針を決めることもあると聞きました。検査技師や薬剤師と医師との連携を見学することができました。私も将来、様々な職種の方と積極的に連携をとれるようになりたいと思います。患者さんへの接し方も看護師さんから学ぶものが多くありました。また、阿賀野市でのあがの市民病院の役割を学ぶことができました。
 様々な方に、「良い先生になってね」などと声をかけていただき、嬉しかったです。しかし、聞いたことはあるが、すぐさま思い出すことが難しく、自分の勉強不足も実感しました。さらに気を引き締め勉学に向かうとともに、今回の実習で学んだことをこれから生かしていきたいと思います。

平成29年度夏季実習 獨協大学医学部2年 渡邊穣

 本日は貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。
 あがの市民病院は平成27年に新たに建てられた病院で、清潔感のあるとてもきれいな病院でした。私はまだ医学部二年生で、臨床のことはまだ学んでいませんが、リハビリ、放射線、薬剤部、訪問看護を見てまわれたことはとても良い経験となったと思います。例えば薬剤部では、薬の間違えをしないように、人のチェック、機械によるチェックを行っているというのは知りませんでした。また、訪問看護では、看護師さんが親しみやすい口調で患者さんと話しており、信頼関係が築けていると思いました。
 全てをまわってみて共通しているのは、医師は他職種の方々と協業しなければならないということです。今後、良い医者になるためには他職種と協業するためのコミュニケーション能力を磨かなければならないと思いました。

平成29年度夏季実習 自治医科大学5年 山本遼弥

 今回の夏季研修では外来見学、臨床検査室見学および訪問看護への同行をさせていただきました。
 内科外来見学では間質性肺炎と喘息の患者さんの呼吸音を聞かせていただき、患者さんごとにどう対応していくのかを教えていただきました。
臨床検査室では、心エコーの実習やチール・ニールセン染色の標本を見せていただき、また日頃の業務をどのようにされているのかを教えていただきました。
 訪問看護では、大学病院では見ることのできない、患者さんの生活に根ざした家庭環境を直に見ながらの医療を見学させていただくことができました。
 外来、訪問介護において医師や看護師、そして患者さんと家族の距離感が大学病院に比べて非常に近く、地域医療の大きな特徴だと考えている「距離感の近さ」を今回の実習で実感することができました。
 卒後、地域医療に携わる者として今回の貴重な経験を忘れずに、次に生かしていきたいと思います。
 今回はありがとうございました。


病院のご案内

あがの市民病院

〒959-2093
新潟県阿賀野市岡山町13番23号
Tel:0250-62-2780(代表)
Fax:0250-62-1598

電話予約受付時間:月曜日~金曜日
午後2時30分~午後4時30分まで

    • 病院長あいさつ
    • 看護部
  • 人間ドックのご案内
  • がん健診のご案内
  • 特定健診について
  • 居宅介護支援事業所
  • 訪問診療のご案内
  • 関連施設のご案内
  • 研修医記録
  • 学生実習記録
  • 医師募集
  • 病気や薬など、健康と医療に関する様々な情報を提供しております。
  • 各施設の地図情報一覧を掲載しております。

このページの先頭へ戻る