医療施設案内

羽茂病院

イメージ


施設外観 羽茂病院は、昭和27年羽茂村(現羽茂町)により建設され、厚生連がその経営を委託されて現在に至っております。
 当時、内科、外科、産婦人科、耳鼻咽喉科、眼科の5科、50床で発足した病院は、昭和39年の火災、昭和42年の集中豪雨水害等の災害に逢いながらも、南部地域住民の方々の保健・医療の確保充実に努めてまいりました。
 その病院も建築以来40年を経過し、地域医療の在り方を含め地元羽茂町、小木町、赤泊村と協議を進めてきたところでありますが、病院の新築について地元の強い要望が出され度重なる協議の結果、病院の規模を33床に縮小、福祉施設に併設し移転新築する運びとなったのであります。
 今後は地元羽茂町は勿論小木町、赤泊村のご協力をいただき、医療施設の整備を図りながらより良い医療を地域住民に提供して参る所存であります。
 新病院には、社会福祉法人小佐渡合の特別養護老人ホーム「はもちの里」が廊下で連結併設され、南部地区の医療・福祉の拠点としてご利用いただけるものと思います。


外来診療担当医表
新潟県厚生連労働組合 患者情報誌「そよ風」
日本農村医学会ホームページ

所在地 〒952-0504 新潟県佐渡市羽茂本郷22番地
TEL 0259−88−3121
病院長 松井 稔忠       
                

MAP MAP