学校の特徴

社会が求める看護師に。

社会が求める看護師に。 社会が求める看護師に。

地域の健康を担う、職業人を育成します。

佐渡看護専門学校は、新潟厚生連の一員として、その理念に掲げられた「地域医療への貢献」を使命としています。地域住民の健康を担い、心豊かな暮らしを支援する。そんな地域社会の役に立てる看護師の育成をめざしています。

高齢化社会が進行する中、今後看護師に求められる役割は、人々の暮らしを維持すること。病気やケガを治療して回復することがゴールではなく、それ以前にあった本来の生活に戻るところまでをめざした看護です。

当校では、患者さま自身を知り、その方の暮らしを理解し、必要な看護を実践するための教育に重点を置いています。

最新医療が学べる実習。

最新医療が学べる実習。 最新医療が学べる実習。

隣接した佐渡総合病院が実習の舞台。

当校に隣接する佐渡総合病院。病床数354を有し、屋上にヘリポートも備えた、佐渡島の医療における重要拠点です。学校からの移動時間がほぼゼロのこの病院が、ほぼ全ての実習の現場となります。

電子カルテを活用した多職種協働体制や最新の機器が導入された環境。小児から高齢者、終末期にある方まで患者さまも幅広く、最先端の医療を知り、さまざまな場面での看護を学ぶことができます。

卒業生も多く就職しているため、熱意のこもった丁寧な指導も特徴。時間を効率的に使って、中身の充実した実習に取り組むことのできる環境です。

勉強に集中できる環境。

勉強に集中できる環境。 勉強に集中できる環境。

佐渡で、まっすぐに看護師をめざす。

当校では、看護師にふさわしい生活習慣を身につけることも学習の一環と考えています。

遅刻や提出物の期限など、基本から厳しく指導。なぜなら看護師は患者さまの命を預かる者として、時間や約束は最低限守らなければいけないものだからです。1学年40名の少人数制で、学生の個性を把握しながら、距離の近い指導を心がけています。毎週試験があり、授業ごとの予習復習は欠かせません。

かなり忙しい3年間になると思いますが、どこで働いても通用する一人前の看護師へと成長してもらうために、必要なことは惜しみなく伝えていくつもりです。